35歳のじぶんさがし

元旦那が夢に出てきた。
なぜか一緒に暮らしていた。
わかりやすいところに浮気の証拠がおいてあり、問いただしたら、「好きな人がいる」と言われる。
ああ、そうか。やっぱりね。
昔だったら苦しくて、気がおかしくなりそうな夢だった。
でも、夢の中では冷静で、「なるほどね。そうだよね。」と妙に納得していた。

嬉しくもあった。
現実ではそんなことは起こったことはない。むしろそういう発言を待っていたのかもしれない。
相手の気持ちが全く分からなくなり、どこを探しても見つからない。
彼の視界の中で私は透明人間で、何が起きているかも、私には伝えられない。そういう日々から明確な答えがもらえて嬉しかったのかもしれない。

色々あってもう1年半が経とうとしている。苦しい日々は徐々に消えていき、平和で暮らせる日々が長くなった。油断するとやってくる胸を締め付けられるような喪失感は、気づけば手元に残っていなかった。

引越しをしたことも大きかった。

新しい環境は思いの外住み心地が良かい。大通り沿いのマンションはこれまで敬遠していたけれど、山の上のマンションに比べて、外界とすぐにつながっている感じがいい。
マンションの外廊下に窓がある家は、部屋のすぐそばを他人が通ることが落ち着かないと思っていたけれど、そこもまた開放感があっていい。

買い物にも便利で、娘の面倒を見てくれる親も近い。快適だ。

他にも手放して良かったものは車。
なくなったら多少困ることが出てくるだろうと思っていたけれど全然。
全く車に乗りたいと思うことがなくなった。

たばこも全く必要なくなったもののひとつ。
吸いたいと思うことがなくなった。不思議なものだ。
その代わりなのか、断然紅茶派だったが、コーヒー派に。
一日に何度もコーヒーを飲むようになった。
おいしいコーヒーを飲むといことが暮らしのひとつの区切りになる。

新しい環境になり落ち着いた日々を送る中で、苦しい日々から抜け出したいと思っていた頃とは違う、現実的な悩みに日々がおおわれてきた。

収入を上げたい。娘との時間を作りたい。

気付けば以前の暮らしではあたりまえだったものを今は欲している。
でも、だ。基本的な精神的安定や信頼感がないところに、時間やお金があっても、まったく魅力的ではなかった。

だから、収入をあげたい、時間がほしい、という思いが精神不安定や不信感につながっては元も子もない。

苦しい日々を経て、私は成長したのだろうか。少しでも大人になったと思いたい。相変わらず楽観的で、お金周りのことになると思考が停止する。ふと気が付くと、かわいく見られたい、甘えたい、という思いがはびこっていて、変わらない自分に辟易する。忘れっぽい私は、きっとこれらの日々のこともいつか
、すっかり忘れてしまうのかもしれない。
でも、変わらなくてもいい。
もっと変わろうとして自分を見失うことほど恐ろしいことはない。

傷つき傷つけあった日々から学んだことは忘れないようにしたい。


■自分に嘘はつかない、そのままであり続ける、ということを忘れない。
自分を偽ることは、人に嘘をつくことと何も変わらない。


■実態不明な役割や集団を示す言葉は捨てる。家族だから、母だから、結婚しているから、など。社会を効率よく動かすために付けられた名称と、個人の幸せとは、全く関係がないことを忘れない。つまり、結局は個人個人の「顔」を大切にすること。多様性を大事にすること。


将来やりたいこともぼんやりと見えてきた。
35歳にして、はじめて人生を歩きだしている。
35歳でじぶんさがしをしている。

出会いと別れの季節

最近、いろいろありすぎて、世界が目まぐるしく動いていて、整理しきれていない。

全て咀嚼して、進むべき道を決めたい。

 

しっかり今の流れを読みたい。この1週間ほどで起きたこと。目まぐるしい。

・離れていくものたち。

・なくなってしまうものたち。

・そして、真っ先にあぶれてしまう弱者としての自分の立場。

・引越して自分の育った街に暮らすということ。

・環境の変化。

・新しい誘い、優しさ。

・職員になって働くということ。

・家について「誰かの聖地」という視点。

・報告会のこと。★自分の創造性にまかせて作品を作るという生き方。

 

・シンポジウムのこと。★問題解決に近づくこと。課題を見つけて解決していこうとする姿勢。その過程で自分の創造性を生かす。他者の創造性を生かす。

 

でも、ぶれずに流されずに。

 

そして、得体のしれない、魅力的な、新しいものを(たぶんそれは創造性という視点)、みすみす逃してしまいたくない。

 

昨年に引き続き、変化の年であり、目まぐるしい世界。

でも生きているということ。宇宙の中で生きているということ。

そしていつか死ぬまで、どう生きるか。

ものを買うということ

去年の4月に、この1年間は消耗品以外買わない、と宣言した。

もうすぐゴールが見えてきた。

買わない生活は思いの外快適だった。

 

見えてきたものは。

服に関して、人は自分が思うほど、人の服に興味がない!

1年間服を買わなかった今と、膨大な時間と費用と体力をかけて服を購入していた去年までと、周囲の人の自分への印象は、大きく変わらないらしい。
冬服のセーターなどは、毛玉が付くし、首回りがのびてきたり、ボロボロの服になってしまったな、と自分が思っていても、周囲は、そんなこと、どうでもいいみたい。

 

つまり、着る服は、自分が満足して清潔であれば、なんでもよい!

さて、自分が満足いく服とは?

今持っている服の中で、好きなもの。来年も着たいと思えるもの。

 

・ベージュのVネックプルオーバーニット(カリテ)←横浜そごう

・ボーダーチュニック(カリテ)←辻堂モール

・黒のチュニックワンピース(メーカー不明)←不明

・ホワイトジーンズ←不明

 

チュニック+細身のパンツが私が描く私…

 

服を買いに出かけることをやめよう。

 

服との関係も、出会いに敏感でいよう。出会ったときが買い時。

この世界の片隅に※ネタバレあり※

久しぶりに映画館で映画を鑑賞。

最後に見たのは、臨月の頃だったから、ちょうど2年ぶりの映画館。

ネットで席を予約して、QRコードで発券して…初めての体験。

どうしても見たい映画だったので、娘と父親の面会時間に行ってきた。

 

今年の目標は、魂が震える体験をすること、に設定したけれど、もう達成してしまった。。

想像をはるかに超えて強烈だった。

 

自分としてはポイントは4つ。

 

1.戦争はある日突然やってくるのではなく、日常に徐々に進出してくる、ということ。

その様子を自分が体験したようだった。はじめのうちはどこか他人事で、疑い交じりで、平和な日常が続いていくことに疑問すら感じていなかったのに、度重なる不幸が、徐々に、徐々に、生活に浸食して、平和と心身の健康を奪っていく。

もしかしたら、今も、もうすでに、この映画の冒頭のように、戦争は始まっているのかもしれない、と思い恐ろしくなった。

 

 

2.主人公が居場所を獲得していく。

「苗字も住むところも変わって、自分が自分じゃないような感じ」「夢を見ているよう」という言葉が印象的だった。

すずは、径子のように自分が決めた道を歩んでいるわけではなく、動いていく周りに少し遅れながら、なんとか自分を適応させようとする。 すずの生き方には、自分で道を切り開く、という意思があるわけではないが、力強い。

与えられた環境で、生活に工夫をして楽しみを作り出し、不平不満を並べることはしない。自ら選択することも心が強いことだけど、日常を楽しむことも、人のもつ強さだと感じた。

 

3.家族の在り方について。

今の自分のおかれている状況からか、家族の流動性に意識が向いた。

この時代には、今でいう一般的な、平均的な「家庭」を持つことが難しかったのだと思う。もしかしたら、この時代より以前は、いつもそうだったのかもしれない。祖父母の話を聞いても、今だったらあり得ないような、養子縁組の話が出てくる。

家族はこうあるべき、という形を大勢で作ってそうじゃないことをその他のもの、と決めたのも、ここ最近のことなのかもしれない。

多くの人が、一般的な幸せを求めている。

 

4.絵を描くということ

すずは絵を描くことが好き。好きなことをすると落ち着く。自分自身でいられる。想像力が自然と広がる。自分が純粋に自分でいられる。そういうものを持っていることはとても幸せなことだと思う。
恩師の作曲家の講演会の始まりのことば「私は作曲することが好きでして…」これに尽きるな。

好きなことをすること。私を生きている、ということ。それを奪われてしまう戦争というもの。

 

 

 途中、思いもよらない不幸なことが起きて絶望的な悲しみに落ちてしまうけれど、終戦とともに前を向き始める。

戦争が終わり、彩を失った生活から解放され、崩れた町を目前に、何としてでも生きていこう、と人々が前を向いたときの、目の前に絶対にやるべきことがあるという情熱と、それに混じった安堵感、開放感を追体験した。

 たくさんの人に見てもらいてい映画。

自分自身に向き合う

2016年が終わり、新しい1年が始まった。

 

3月の別居騒動から始まり、これまでの価値観、頼っていたものが崩壊した。

さて、これからどうやって生きていこう。

どのように生きて、暮らして、子どもを育て、死んでいくか。

思えばこんなこと、この歳になるまで、考えていなかった。なんとなく、親と同じように生きていくのだろうと思っていた。

巷に溢れている一般論を鵜呑みにして(そのつもりは全然なかったけれど)、幸せ、というものを描いていた。

結婚中は、どうやって結婚生活をうまく送れるか、ということが、日々の全てにおいての課題となっていた。自分自身がどうやって暮らしたいかというということに頭を使うことを放棄していた。これからは自分自身の感覚に目を向けていいんだ、と感じた時の解放感、生きているという実感は、きっと一生忘れない。

 

苦しい毎日から抜け出したくて選んだ道。

苦しみから逃れて、どう生きたいのか。

私の喜びは何か。

 

これから私の生き方を見つけていく。

やりたいこと、やめることを整理していく。

 

 

【出会った印象的な本】

 

「未来の働き方を考えよう」ちきりん

「ワーク・シフト」リンダ・グラットン

アルケミストー夢を旅した少年」

「アースジプシー」naho&maho

「コミュニティを問い直す」広井良典

「村に火をつけ白痴になれ」栗原康

「無印ニッポンー20世紀消費社会の終焉」堤清二

「ぼくたちにもうモノは必要ない」佐々木典士

坂爪圭吾さん

紫原明子さん

服部みれいさん

中島義道さん

 

 

 

【出会えた人ともの】

職場の方々

絵本カフェという場

各アトリエ

 

【印象的な言葉たち】

自分自身でいる

自分の純度を高める

魂で生きる

心を開く

自分を大切にする

どうせ死んでしまう

生の拡充

クリエイティブ

つまらない人間なんていない

 

【出会えた行動指針】

①人生で迷ったら、迷わず危険な道を選べ

②「ウチ」と「ソト」の落差を減らす

③人との差異が芸術。私ではないあなた。

④自分に些細なことでもうそをつかない。

⑤家庭の食品ロス0を目指す。

⑥磨く。清める。

⑦人と比べて羨ましく思うぐらいなら寝てる方がまし。

 

 

【服・モノを買わない(消耗品は別)】

shoppingという無駄な時間を捨てることができた。

根拠がわからないけど、なんだか、感じがよく、素敵な生活が遅れそうなに見える「商品」に囲まれて過ごす時間は自分にとっては無駄。

素敵なライフスタイルを選んできたように見えているこれまでのshoppingは、全く実を結んでこなかった。

新しい服を着る、ということは気持ちがいいことだけれど、自分にとってどうしても必要なものではない。

これまで購入して自分自身のものにしたものの中にも、意識から抜けてしまってあることさえ忘れてしまっているものが半分以上。

自分が所有しているものを、最大限に活用する、ということは自分にとって、新しい服を購入するよりも、心地が良いことだということがわかった。

もう一つの視点は、無難な、大量生産を安く購入して、消耗していくよりも、作家さんの手が込んでいて、気持ちと想いが詰まったものに囲まれていることの心地よさを知った。

 

 

【生きること】

 

いつかは死んでしまうのになぜ生きるのか。

何かを残したい、歴史に何かを残したい、とは思わない。

 

では、いつか死ぬのになぜ生きるのか。

この世界から私はいなくなる。

なぜ生きるのか。

 

私が生きようが、死のうが世界には大きな変化はない。地球は回る。宇宙の中で無数にある命が生まれて消えていく。無数にある出来事のひとつに過ぎない。

この世に生きている命、全てがそうだ。

 

 

しかし、せっかく生きるのだから、この人生に不平不満を言わずに満足して死にたい。悔いなく、満足して、日々を生きて、死にたい。

 

満足した人生を送るために、

自分の人生を生きる。

自分の人生を生きるとは、自分と向き合い、自分を失わず、無視されず、真実を生きること。

周りに流されて浅はかな行動をして、ストレスを自ら作り出すのは、自分と向き合っていないから。

周りの目を気にせず、流されず、自分自身と向き合って、自分を幸せにする。

 

2017年は自分と向き合い、自分を大切にして、自分を幸せにしよう。

 

 

えたいのしれないもの

得体のしれないものをやりたいな。

ああ、これは、そういうタイプのものね、ってすぐに分かるようなものではなくて、

なんだこれ、よくわからない、っていう。

最初から最後まで予想がつかなくて、なんだかよくわからないもの。

笑顔があっても、なくても。

生きることの糧になるような、種を少しでもまくことができたらいいな。

 

すぐに結果が見えなくても。

楽しかったまた来たい、って思ってもらえなくても。

これまでのことと、これからのこと

今年がもうすぐ終わる。今年は変化の年だった。

もうすぐ離婚が成立する。

今年の初めに「このままで生きていくのはどうしても耐えられない。」と限界に達し、それを伝えた。それから別居するまで約3か月。別居から離婚まで約9か月。結婚して10年目になった年だった。

 

周りからは仲の良い夫婦に思われていたようで、驚かれる。実際に仲が非常に悪くなったわけでもなかった。暴力も借金もない。

でも私にはどうしても耐えられなかった。別居して、別々の生活を送り、とても穏やかに暮らせるようになった。自分自身を徐々に取り戻していくことができているように感じている。空気が吸えている。好きなものが好きだと思える。それは相手にとっても同じことだったよう。

 

1歳の娘はまだわかっていないが、いずれ特異な状況に気づくだろう。そして、私たちが失敗しなければ当然感じることができた、日常生活に散りばめられた父親のぬくもりや、存在を、彼女は非日常として受け取ることになる。話した内容より先に、その体温を思い出すような、手の形を思い出すような、繋がりを彼女は父親と持つことができなかった。そしてそれは、まぎれもなく、私のせいだ。

 

でも、あのまま結婚しているよりはましだ、と自信なげではあるが、ぼんやりと思っている。私たち夫婦のコミュニケーションは機能していなかった。喧嘩や言い争いはない。でもコミュニケーションがない。お互いに「本当は何を考えて何をやっているんだろう」と裏の顔を探っていた。探っていたのははじめの方だけで、結婚生活の後半は「どうせ本当は別のことを考えて、やっているのだろう」と常に思っていた。実際自分も、本当に考えていることは相手には言えなくなっていた。お互いが偽っている状態。これは、今思えば小さな出来事、当時は一大事件が、積み重なり、信頼関係が崩壊していたのだと思う。それでも修復しようと何度も試みた。でも最後は信頼関係を修復する方法が見当たらなくなった。

こんな状況で育つよりは、父親はたまにしか会えないが、暖かい祖父母、友人たちに囲まれている今の方がいくらかまし、だと思う。

 

それでも、娘から父親を奪ったという事実に変わりはない。自分自身が未熟で、幼く、結婚生活に失敗したために、娘は父親のいない家族で育つことになってしまった。

そんな私が、娘に与えられるものは何だろう。

ごめんね、と言って育てたくはない。

自分の家族に自信をもって、自分に自信をもって生きてほしい。

 

忍耐力は示すことはできなかったが、自分に偽りなく生きることを示せる。真実に真正面から向き合おうとする姿勢。目の前の真実から目をそらさずに生きること。そして人生においては失敗はつきものだということ。

 

これからの私にできること。

一生懸命に生きた結婚生活から、身をもって学んだ具体的な教訓は、彼女が身をもって感じるまで本当の意味ではわからないにしても、言葉で伝えよう。

父親の代わりにはならないまでも、私が与えられる環境に、答えをだすこと。

自分が常に自分であり続けることに努めて、娘と、ひとりの人と人として向き合おう。

 

私と娘の新しい生活がはじまります。